--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月04日 (火) | Edit |
4月、担任から「5年生は必ず何かあります」と言われた。

「何かある」というのはトラブルのこと。

…5年生じゃなくてもいろいろあったけどね…(´・ω・`)

学年1クラス、女子12名

その中で引っ付いたり離れたり、陰口を言ったり、目の前で言ったり…。

そんな少ない人数の中、親友を作るのは難しい。

難しい人間関係のなか、娘は病気のことでさらに難しいことになっている。



今日の個別懇談は普段から学校側と話をしているので、これといったことは無いんだけど、

ただただ、友達関係についてのことしかなかった。

成績も下がるのは仕方が無い。

ありがたいことに、少人数の学校なので全学年の先生が娘のことを理解してくれてると思う。

今まで娘も目立った問題を起こさなかったから、先生受けがよかったのもあるかもしれない。

でも先生が理解があっても、クラスの子は理解してくれない。

嫌味を言われたり、仲間はずれにされたり…。

良くも悪くも出る杭は打たれるのだ…。


学校での生活は、イベントがあるごとにそれを記事にした新聞を書くのだけど、

娘の新聞は家での会話とか、他に自分が体験したことも織り交ぜてて、

とても感性が豊かとのお褒めをいただいた。

それにイラストをいっぱい書き込んでいる。

見せてもらったけど、たしかにカットがいっぱい入っている。

…しかし、これ…ノートや教科書、さらにはテストにも書き込まれているのよねぇ…。

自分の子供の頃のことを思い出したら、「ラクガキ」をしちゃいけませんと言われてたからなぁ…。

ゆるくなったもんです…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。