--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月21日 (水) | Edit |
今朝もなかなか起きることができなくて、ギリギリに家を出た。

さて、朝ごはんを食べようかねと思ったとき



カチャ…




(;´Д`)娘が戻ってきた。

なんでも行こうとしたら、もう校門が閉まってたそうだ…。

そのまま「今からいけば間に合うから」と一緒に学校へ向かった。

足取りが重い娘。

…あぁ、これで今日一日保健室かも…。

インターフォンを鳴らすと教頭先生が出てきてくれた。

そのまま引き渡して私は帰った。



下校時間…家のインターフォンが鳴り、見ると担任…(´・ω・`)

やっぱりあかんかったか…。

1、2時間目は保健の先生が留守なので職員室にいたそうだ。

その後は教室に戻ったようだか、放課後に友達と遊ぼうと予定を聞いたところ断られたそうだ。

それだけならいいのだけど、娘のほうを見てコソコソと話をするそうだ。

前にもそんなことがあった。

それで担任が間に入るわけだけど、他の子はいいように言い訳をして担任もそれでは仕方ないねチャンチャンで話を終わらせる。

女の子はその場を取り繕うウソがうまいのだ。

クラスには女の子が少ないの気の合う子がなかなかいなくてつらいらしい。

中学になったら人数も増えるから気の合う子が絶対いるよと励ましてはいるのだけど…。

病気のことより、人間関係の問題のほうが大きくなってきていて、そのために益々不登校になっている。

クラスの子に病気を少しでも理解してもらうようにしなければ…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。