--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月05日 (月) | Edit |
起立性調節障害

と、娘は診断された。

起立性調節障害とは思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられており、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになった状態だそう。

症状としては

・朝に起きられない
・立ちくらみ
・全身倦怠感
・食欲不振
・立っていると気分が悪くなる
・失神発作
・動悸
・頭痛
・夜になかなか寝つけない
・イライラ感・集中力低下

…ほとんど当てはまってるやん。

今まで校医さんの内科に行って、そこから市の総合病院の小児科に回され、
結局原因が分からず、心理的なものかもしれないと知り合いの心療内科に連れて行き、漢方を処方してもらったけど改善せず、
小児専門の心療内科のほうがいいとまた市の総合病院の小児科経由で同じ病院内の神経・精神科を受診した。

校医の内科医は「詳しく検査してもらってください」

総合病院の小児科医は「不登校ですね」

神経・精神科の先生は「心理テストをします。先生は学校に行けとは言わないけど、あなたが行きたいのに行けないとか、将来学校や仕事に行きたいのに行けないということのお手伝いはしますよ。」

・・・(´・ω・`)

そんなこんなで1年が経った。

改善するどころか、悪化する一方…。

そんなときに友人から久しぶりのメールがきて、近況報告と供に娘のことを書いた。
すると、「こんな症状は無い?こんな症状もあるんじゃない?」と、なんで知ってるのかと思うほど娘の症状を当てる。

「もしかして起立性調節障害じゃない?」

え?何それ!?
検索したらサイトがあって、症状を見ればまさに当てはまる。
友人の長男がそう診断されたそうで、それを検査してくれる病院を探して行ったとのこと。
友人が教えてくれた病院に娘を連れて行ったところ、今回の診断結果となった。

血圧を上げる薬をもらい、しばらく様子をみることになった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。