--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月19日 (火) | Edit |
大型の台風接近で、学校に行ってる間に警報が出て、少し早めに下校してきた。

明日ももしかしたら警報がでてるかもしれないので

通知簿や夏休みのプリントなどをもらって帰って来た。

4年生になって初めての通知簿は…

おおむね良好!

体育は相変わらずオール「できる」

国語は6項目中5つは「よくできる」なんだけど、

『文字の組み立て方・大きさや配列・筆圧などに注意して、形を整えて書いている』

だけが「できる」

これってやっぱ「字が汚い」ってことだよねぇ…(;´Д`)

どうしたら丁寧に書かくことが出来るのだろう…

1年のときからのテーマだわ…。

算数もうっかりミスが多いしなぁ…。

娘を見てると、細かいところに注意がいかないのよねぇ。

「やってりゃいいじゃない」「わかってりゃいいじゃない」

筆箱の中身ばバラバラ、お道具箱もぐちゃぐちゃ「あればいいじゃない」

4年にもなってノートを書くとき下敷きを使わないってどうなのさ。

定規でまっすぐ綺麗な線を引けないってどうなのよ。

これも「ゆがんでても引いてりゃいいじゃない」ってな感覚なんだろうな。

いい意味では「小さいことにこだわらない」なんだけど、

悪い意味で「大雑把」

それなのに

「おかーさん!夏休みに料理を特訓して!」

って、…料理は大雑把ではいかんのだよ。

始めは基礎はきっちり。分量もきっちりなんだよ…。

裁縫道具を与えたはいいけど、使わないときは針を針山に刺しとけって言ったのに

テーブルの上に置いて、腕に引っ付いてどこかに落ちて見つからないときもあったし(怒)

針や刃物の管理はキッチリしないといけないのだよっっ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。