--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月04日 (土) | Edit |
娘は映画館で映画を見たことが無い。

公民館で1度見たきり。

理由は…おかーさんのトイレが近いってのもあって、子供を残してトイレに行くわけにもいかず…。

(;´∀`)・・・

かといって大人二人も一緒にアニメ映画に行くのもなぁ…。

ポケモンとかプリキュアとかそういった物はDVDで見たらいいやんというスタンス。

劇場に行けば貰えるなんて物でつる商法は大嫌い。


テレビを見てたら娘が「これ見に行きたい!」

それは『いけちゃんとぼく』

西原理恵子の絵本の実写映画化したもの。

アニメじゃないし、私も見てみたいし、娘を映画館に連れて行くにはいい映画かなと思った。

ただ…その絵本は子供のためのというよりは大人向けだと思う。

『いけちゃん』という存在の意味がわかるのかなぁと…。

せっかくなのでおばーちゃんと従姉のももちゃんも誘って4人で見に行った。



今日はおかーさんはトイレが近くなかったんだけど、娘の方が近かった。

到着駅に着くまでに2回電車を降りてトイレ…早めに出ててよかった…orz

映画の前にトイレに言って、始まってすぐまたトイレ…。

(;´∀`)・・・大丈夫かなぁ…。

最初の方はごそごそしてたけど、だんだんと物語に引き込まれたのかトイレは無かった。

映画は小学生の男の子が主人公で、昔の田舎の子供らしく、

子供ならではのいじめ、けんか、昆虫虐待?(;´∀`)

娘はどう思っただろう…おかーさんは「あ~、そんなことやったやった」なんだけど…(* ̄m ̄)

所々ほろっとし、最後の方で…

ひっくっ…

うえっっ…

ズビビ…

ひっく…


090704-01.jpg



号 泣



Σ(・ω・ノ)ノ そこまで泣くかっっ

いけちゃんとの別れのシーン。いけちゃんが誰かという告白のシーン。

大泣きの娘…それにびっくりして涙が引っ込む母…。



劇場を出て娘が

「絵本読んで泣かなかったのに、なんで映画で泣くんよっっ(つД;`)」

(*´ω`*) そうか。

ももちゃんは映画を見て泣いたことが無く、初めて映画で泣いたらしい。

(*´ω`*) そうか。

二人の心に響いたものがあったのね。よかったよかった♪

二人にいけちゃんのビーズクッションを買って劇場を後にした。

初めて見た映画として娘の心にずっと残ってるといいなぁ。

090704-02.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。