--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月23日 (火) | Edit |
教育テレビでミュージカルをやっていた。

劇団四季の「人間になりたがった猫」

おかーさんはミュージカルが好きなんだけど、娘はどうかな…?

(,,・ω・)…

「なんでうたうねん!」

あんたはタモリかっ!というようなコメントを言いながらも段々無口になってきた。

真剣に見てるようだ(* ̄m ̄)


♪ ひとはみんなだれでも ひとりではいきていけないから
いつもすてきなともだちと このてをつなぐのさ
かなしいときも なかまがいれば つらくはない
くるしいときも なかまがいれば つらくはない



劇中、何度かこの歌が流れる。

助け合ったり、仲直りしたり、手と手を取り合い感動の場面。



グズッ…

ズビッ…

ヒック…



(;:゚;Д;゚;)!?娘が泣いている!!

悲しい場面じゃないです!感動の場面っす!!

(,,・ω・) おかーさんはうれしい。

感動の場面で涙を流すことのできる子に育ってくれて、おかーさんはうれしい!

劇団四季の子供向けミュージカルの終わりは必ず会場の人たちも一緒に歌を歌う。

もちろん何度もでてきたこの曲。



「なんでかこの歌をきいたら、なみだが出てくるねんなぁ…グズッ」



(*´ ▽`) そうか、そうか…。








と言いながら、おかーさんもこの歌で何度も涙してたことは内緒だ・゚・(つД`)・゚・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。