--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月12日 (火) | Edit |
おとーさんは仕事なので、今日はおかーさんと「射水市大島絵本館」まで行ってきました。

場所が中途半端なところにあったので送り迎えはおとーさんに♪

絵本館のそばには無料のひまわり迷路もあったので、そっちにも行った…ら。

もう花は終わってて下を向いて種が出来てた。

子供の背丈よりは高いけど、大人は頭が出る。

途中に案山子などがあって、大人は見えてたけど

突然現れる案山子に娘は本気でびっくりしてた(* ̄m ̄)プッ

それも個性的な案山子だから…。

080812_1419~01


炎天下の下で遊んだあとは、絵本館の涼しい部屋で読書。

ここは貸し出しはしてないので、読みたい絵本が必ず置いてあるといううれしさ♪

おかーさんは気になってた絵本を全て読むことができたよ。

娘もいろんな絵本を読んでいた。

最近すきなのは「千と千尋の神隠し」

家でもDVDをずっと見てて、その絵本があったのでそれを読んでいた。

絵本といってもかなりの文章数。

熱心に読む姿におかーさんは満足(*´ ▽`).☆.。.:*・°


1、2年生の課題図書に「ぼくがラーメンをたべてるとき」というのがあって

娘に読ませてみた。

この絵本は「僕」がラーメンを食べているとき、ミケがあくびをした

ミケがあくびをしたとき、隣のみっちゃんが…その隣の…

そのまた隣の…その隣の町の…その隣の国の…と続き

その隣の国の子供は働いていた…その隣の国の子供は道に倒れていた…。

そのとき風が吹いた…「僕」のところにも風が吹いたという奥の深い話し。

言葉が少ないので想像力がものをいう本だと思った。

これで読書感想文を書くのはすごく難しいだろうなぁ…。

…で、その本を読み終わった娘…



「ふ~ん。」



_ノ乙(、ン、)_ ダメダコリャ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。