--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月26日 (月) | Edit |
右目だけ視力の悪い娘。

学校から眼科へ行ってくださいの紙をもらってくるけど今まではメガネはいらないでしょうとのことだった。

今回、左目1.2右目0.5

差があるけど、つけてもつけなくてもいいですよと言われたけど

「メガネ、つける!」

(;´Д`)そっか。

左は度無しでメガネを作った。

やっぱり目がラクなようで、本人も進んでメガネをかけて学校に行っている。

とうとうメガネっ子になってしまいました…。
スポンサーサイト
2012年11月21日 (水) | Edit |
今朝もなかなか起きることができなくて、ギリギリに家を出た。

さて、朝ごはんを食べようかねと思ったとき



カチャ…




(;´Д`)娘が戻ってきた。

なんでも行こうとしたら、もう校門が閉まってたそうだ…。

そのまま「今からいけば間に合うから」と一緒に学校へ向かった。

足取りが重い娘。

…あぁ、これで今日一日保健室かも…。

インターフォンを鳴らすと教頭先生が出てきてくれた。

そのまま引き渡して私は帰った。



下校時間…家のインターフォンが鳴り、見ると担任…(´・ω・`)

やっぱりあかんかったか…。

1、2時間目は保健の先生が留守なので職員室にいたそうだ。

その後は教室に戻ったようだか、放課後に友達と遊ぼうと予定を聞いたところ断られたそうだ。

それだけならいいのだけど、娘のほうを見てコソコソと話をするそうだ。

前にもそんなことがあった。

それで担任が間に入るわけだけど、他の子はいいように言い訳をして担任もそれでは仕方ないねチャンチャンで話を終わらせる。

女の子はその場を取り繕うウソがうまいのだ。

クラスには女の子が少ないの気の合う子がなかなかいなくてつらいらしい。

中学になったら人数も増えるから気の合う子が絶対いるよと励ましてはいるのだけど…。

病気のことより、人間関係の問題のほうが大きくなってきていて、そのために益々不登校になっている。

クラスの子に病気を少しでも理解してもらうようにしなければ…。
2012年11月20日 (火) | Edit |
今までこの薬でなんとか朝が起きれてたのに、今日はまったく無理。
仕方ないので、遅れて登校することを学校に伝えた。

起立性調節障害の本を読む娘。
そこにゲーム、テレビ、パソコンが自律神経に良くない景況を与えるというこが書いてあり、
その箇所を娘に見せたら

「あれも禁止!これも禁止!って!!!!!」

自室にバタンとこもってしまった…orz

何よりもゲームが好きな娘。
それが出来ないなんて耐え難い苦痛なんだろう。
でも、まったくするなとは言ってないし、ゲームと自分の体、どっちが大切なんだ。

あ~…失敗した。
これで学校に行くのは無理だなぁ…。
3時間目が始まる前に学校には休むと連絡をした。
私は歯医者さんの予約があったので、娘を置いて出かけた。
帰ってきたら




壁に穴が開いてた・・・




_| ̄| . . . . . .. ... .... ○ コロコロコロコロ

ゴミ箱も散乱。

怒鳴りたいところを我慢して「壁に穴があいてるやん」と一言。
返ってきた答えが


「イライラしてて、気がついたら開いてた!」



( ´_ゝ`)フーン それ、本に書いてあった体験談そのまんまやん?

何も言う気も無く黙っていたら、しばらくして部屋から娘が出てきて

「ごめんなさい」

いいよ、いいよ、ここのマンションのボードは薄いからすぐ穴が開くんだよ。
殴っただけでもすぐに開くし、掃除機をぶつけただけでも開くんだよ。
おとうさんが帰ってきたら直してくれるってさ。

本を読ませないほうがよかったのかな…。
2012年11月19日 (月) | Edit |
血圧を上げる薬を朝と夜に飲むようになってから、娘の状態は少し良くなったように見える。
簡単に言えば低血圧なので、朝がつらく、午後から調子が出てくる。
「怠け病」と思われるのも仕方がない。
実際、私もそう思ってたんだし…。

少しでも改善すればと娘には夜寝る前に着圧ソックスをはかせている。
学校に行くときも着圧ハイソックスをはかせている。
少しはラクなようだ。

前回もらった薬が無くなったので再度受診。
その帰りに起立性調節障害についての本を買った。
その本には体験談なども書かれており、それを読んだ娘は

「そうそう!」

「クラスの子が保健室に迎えにくるけどしんどいっちゅーねん!」

「先生も一緒になって迎えにきてくれてんから、一緒に教室に行こうって言われてもしんどいねん!」

とヒートアップ…(;´Д`)

だって、みんな知らないんだもん。
おかーさんだって友達から聞いて検索して初めて知ったんだもん。
これからみんなにもわかってもらおうよ…。
2012年11月05日 (月) | Edit |
起立性調節障害

と、娘は診断された。

起立性調節障害とは思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられており、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになった状態だそう。

症状としては

・朝に起きられない
・立ちくらみ
・全身倦怠感
・食欲不振
・立っていると気分が悪くなる
・失神発作
・動悸
・頭痛
・夜になかなか寝つけない
・イライラ感・集中力低下

…ほとんど当てはまってるやん。

今まで校医さんの内科に行って、そこから市の総合病院の小児科に回され、
結局原因が分からず、心理的なものかもしれないと知り合いの心療内科に連れて行き、漢方を処方してもらったけど改善せず、
小児専門の心療内科のほうがいいとまた市の総合病院の小児科経由で同じ病院内の神経・精神科を受診した。

校医の内科医は「詳しく検査してもらってください」

総合病院の小児科医は「不登校ですね」

神経・精神科の先生は「心理テストをします。先生は学校に行けとは言わないけど、あなたが行きたいのに行けないとか、将来学校や仕事に行きたいのに行けないということのお手伝いはしますよ。」

・・・(´・ω・`)

そんなこんなで1年が経った。

改善するどころか、悪化する一方…。

そんなときに友人から久しぶりのメールがきて、近況報告と供に娘のことを書いた。
すると、「こんな症状は無い?こんな症状もあるんじゃない?」と、なんで知ってるのかと思うほど娘の症状を当てる。

「もしかして起立性調節障害じゃない?」

え?何それ!?
検索したらサイトがあって、症状を見ればまさに当てはまる。
友人の長男がそう診断されたそうで、それを検査してくれる病院を探して行ったとのこと。
友人が教えてくれた病院に娘を連れて行ったところ、今回の診断結果となった。

血圧を上げる薬をもらい、しばらく様子をみることになった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。